大声を出してスッキリする

横隔膜が動くことで自律神経が刺激される

イライラしている時や疲れが溜まっている時は大声を出すとスッキリした感じになります。個人差はありますが、不快感が軽減されるのは医学的に証明されている事実です。これは大声を出す際に横隔膜が動き、自律神経が刺激された結果と言えます。自律神経への刺激は血流の改善や新陳代謝の活性化など、体の機能を良好に保つ効果があります。不安や焦り、不快感なども緩和されることから大声を出すことが体に好ましい刺激をもたらすと言えるでしょう。横隔膜を動かすには俗に「腹から声を出す」と言われる、腹式呼吸による発声が欠かせません。喉から声を出すのではなく、腹に力を込めて発声するのが自律神経への好ましい刺激をもたらす正しい発声方法です。

大声を出す際は周りに注意することが肝心

大声を出すのは手軽で効果も高いストレス解消法ですが、一方で周囲に迷惑をかけやすい事実は否定できません。大声を出すことで周りに不快感を与えてしまうおそれがあることから、防音性を持つ場所を選ぶのが社会生活を営むうえでのマナーと言えるでしょう。カラオケボックスなど、大声を出すことを前提とした施設なら防音性に優れているので安心して利用ができます。防音施設が近隣にない場合は山地や平原など周囲に人がいない場所を利用する方法もありますが、屋外で大声を出すとトラブルに見舞われる可能性があることから、十分に注意することを心がけます。ストレスを解消することは大切ですが、周りに迷惑をかけないように配慮することも忘れてはいけません。

精神科を梅田で探すには、やはりインターネットが便利です。「精神科」「メンタルクリニック」「心療内科」などのワードで検索してみましょう。